東京クラウド会計税理士事務所

クラウド会計対応 月額5,500円からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「相続税・贈与税・遺言書」の記事一覧

準確定申告-亡くなった人(被相続人)も所得税・住民税・事業税・固定資産税を払うの?申告・納付期限は?

 亡くなってしまった人(被相続人)でも、死亡した年に、一定の所得があれば所得税がかかります。  働いてお金を稼ぐと、そのお金には所得税がかかります。たとえ、被相続人でも、死亡した年に一定の所得があれば、所得税がかかるため […]

相続税の申告はどうやるの?相続税の納税の期限はいつまで?

 被相続人が死亡したときの住所地を所轄する税務署に、相続税の申告書を提出し、納税します(相基通27-3)。相続税の申告と納税の期限は、相続開始を知った日(被相続人の死亡した日)の翌日から10ヶ月以内となっています。 相続 […]

相続財産から差し引ける債務、葬式費用(相続税が安くなる)とはどのようなものか?

 債務、葬式費用は、相続財産から差し引けますので、結果的に相続税が安くなります(相法13)。これを、債務控除と言います。  ただし、相続税の計算上、差し引けることができる債務、葬式費用と、差し引けない債務、葬式費用があり […]

相続税がかからない財産には、どのようなものがあるのか?(非課税財産)

 相続財産の中には、性質、国民感情、社会政策的な面から、相続税をかけるのは不適当なものがあります。これらを相続税の非課税財産といい、主に以下のようなものがあります(相法12)。  ①お墓・仏壇 お墓、仏壇や仏具等のうち、 […]

相続財産に加算して相続税を計算する相続開始前3年以内の贈与財産とは?

 亡くなる日(相続開始日)前3年以内にもらった財産についても相続税がかかります。贈与を受けた財産の贈与のときの価額(相基通19-1)を、贈与を受けた人の相続税の正味の遺産額に加算します(相法19)。  例えば、贈与者が令 […]

被相続人の死亡に伴い相続人が弔慰金を受け取った場合の相続税の取扱いは?

 被相続人の死亡によって相続人等が受け取る弔慰金や花輪代、葬祭料などについては、通常、相続税の対象になることはありません。  死亡弔慰金は、以下のように一定額まで非課税となります(相基通3-20)。 被相続人の死亡が ① […]

みなし相続財産(死亡保険金と死亡退職金)とは?非課税限度額の計算は?

みなし相続財産  みなし相続財産とは、亡くなった日には、被相続人は財産として持っていなかったけれども、被相続人の死亡を原因として、相続人がもらえる財産のことです(相法3)。みなし相続財産の代表例が、死亡保険金と死亡退職金 […]