東京クラウド会計税理士事務所

クラウド会計対応 月額5,500円からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「相続税・贈与税・遺言書」の記事一覧

相続

亡くなった人の財産を相続するのは誰か?(相続人と法定相続分)

相続人  民法は、誰を相続人とするかを定めた法定相続主義を採っています。相続人は、亡くなった人(被相続人)の配偶者や血族相続人(子供、父母、兄弟)となります。ただし、配偶者は必ず相続人になれます(民法890)が、子供、父 […]

相続手続きの流れとは?

 申告と納付の期限10ヶ月の間に、やることがたくさんあります。相続税の申告のためには、遺言書の有無、相続人の確認、遺産と債務の確認・評価、遺産の分割などの手続きが必要です。また、税務申告に関するものだけでなく、登記や生活 […]

小規模宅地等の特例における「生計を一」とは?

 税法上、「生計を一」という要件は多くの規定に適用されており、実務的には非常に重要な要件となっています。ただし、そうであるにもかかわらず、「生計を一」ということについては、法律として明文化されておらず、通達においてのみし […]

子供名義で登録された車両を、父親がその資金の全額を拠出した場合、贈与税がかかるのか?

 子供名義で登録された車両は、父親がその資金の全額を拠出しており、贈与に当たるとして行われた贈与税の決定処分について、子供に対する贈与の事実はないとして、贈与税の決定処分の全部を取り消した事例(平成27年9月1日裁決)が […]

直系尊属からの住宅取得等資金の贈与税非課税制度(2021年12月31日まで)

 2021年12月31日までに直系尊属から現金贈与を受けて、自宅不動産の新築や購入や増改築等を行い、一定の要件を満たす場合には、贈与金額のうち最大1,500万円まで贈与税が非課税となります。この制度のことを、「直系尊属か […]

遺言書を作成した方が良い人

 遺言書がないために、遺産をどう分けるかで、残された家族間で争いの起こることが少なくありません。今まで仲の良かった家族が、相続を境にして争いを起こすことほど、悲しいことはありません。自分が財産を築いたばかりに残された家族 […]
急増

急増する遺言書の作成

 「遺言書」と聞いたとき、皆さんはどう感じるでしょうか。「後ろ向き」なイメージを持たれるのではないでしょうか。また、「後ろ向き」なイメージを持たなくても、「遺言書は死ぬ間際に書くものだから私には関係がない」と思われる人も […]