東京クラウド会計税理士事務所

クラウド会計対応 月額5,500円からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「相続税・贈与税・遺言書」の記事一覧

遺産が未分割の場合の相続税申告とその後に分割した場合

遺産が未分割の場合  相続税の申告と納税は、通常、被相続人の死亡日の翌日から10か月以内に、被相続人の住所地を所轄する税務署に行うことになっています(相法27①)。  相続税の申告は、相続財産が分割されていない場合であっ […]

土壌汚染地の相続税評価額

概要  土壌汚染による人の健康への対策の確立など、土壌汚染対策に関する法制度の制定についての社会的要請が強まり、土壌汚染対策法(以下「対策法」という。)が平成15年(2003年)に制定されました。  対策法によれば、土壌 […]

夫婦間における贈与と名義預金(相続税と贈与税)

名義預金とは  相続税の申告、課税実務においては、相続開始時において、被相続人名義以外の財産が当該被相続人以外の相続人等の財産として認定できるのか、あるいは当該相続人等に帰属していたのか問題となることが多いです。  その […]

特定路線価の設定

概要  路線価地域内であっても、路線価が付されていない道路もあります。  相続税や贈与税の申告のために、路線価地域内において、このような路線価の設定されていない道路「のみ」に接している土地等を評価する必要があるときには、 […]
信用取引

信用取引に関する相続税評価額

信用取引により株式を買っていた(買建てをしていた)人が決済前に死亡した場合の相続税評価額  信用取引により買建てをしていた人が決済前に死亡した場合は、株式については現株と同様に、上場株式の評価方法で評価した価額が財産の額 […]

会社への貸付金(会社側からすると役員借入金)と相続税対策

 会社代表者や役員が相応の役員給与を貰いながらも、会社が業績不振で資金不足の場合には、代表者や役員が会社に対して多額の運転資金を貸し付けるということは、同族会社ではよくあります。  問題は、このような債務超過会社への貸付 […]

一般社団(財団)法人、宗教法人、持分の定めのない医療法人に対して贈与・遺贈した場合、贈与税・相続税はかかるのか?

 代表者又は管理者の定めのある人格のない社団又は財団に対する贈与又は遺贈(「贈与等」)は、その社団等を個人とみなして贈与税又は相続税(「贈与税等」)を課することになっています(相法66①)が、持分の定めのない法人(持分の […]

売買契約中に亡くなった場合の土地、株式の相続税(贈与税)評価と譲渡所得の取得費加算の特例

売買契約中の土地の相続税(贈与税)評価 現行の相続税(贈与税)評価  土地の売買契約締結後それが履行(売買代金の完済、所有権移転等)されるまでの間に、売主又は買主が死亡して相続が発生することはままありますが、その場合に、 […]
高額

高額譲渡における個人と法人の関係

 ここでは時価よりも高い価格で売買が行われる高額譲渡について説明したいと思います。  高額譲渡における個人と法人の関係は、以下の4つの形式に分類することができます。 ①個人から個人への高額譲渡、②個人から法人への高額譲渡 […]