東京クラウド会計税理士事務所

クラウド会計対応 月額5,500円からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「相続税・贈与税・遺言書」の記事一覧

賃貸アパート、貸しマンションや貸しビルなどの貸家及び貸家建付地の評価(一時的に空室)

貸家の評価  賃貸アパート、貸しマンションや貸しビルなど賃貸している建物を「貸家」といいます。貸家の評価方法は次の算式のとおりです。  貸家評価額=固定資産税評価額×(1-借家権割合(30%)×賃貸割合) ※借家権割合は […]
4

上場株式の相続税(贈与税)評価

 上場株式とは、金融商品取引所に上場されている株式をいいます。上場株式は各銘柄ごとに、その株式が上場されている金融商品取引所が公表する課税時期(相続又は遺贈の場合は被相続人の死亡の日、贈与の場合は贈与により財産を取得した […]

生命保険金等の課税関係はどうなるのか?(所得税、贈与税、相続税)

(※1) 契約者以外の者が保険料を負担している場合には、税務上、その保険料負担者を契約者とみなします。(※2) 保険金等受取人が、被保険者の配偶者、直系血族又は生計を一にするその他の親族である場合に限ります。 満期保険金 […]
赤ちゃん

相続人が未成年者や障害者だったら?(未成年者控除、障害者控除)

未成年者控除  資産家が亡くなったとき、相続人が未成年者だと、さまざまな連中が、その相続財産にありつこうとするものです。しかし相続税では、未成年者を、手厚く保護しています。未成年者が法定相続人(制限納税義務者を除きます) […]

10年以内に父と母が立て続けに亡くなったら?(相次相続控除)

 例えば、ある人が父親を亡くした数年後に、今度は母親を亡くしたとします。そうした場合、父親の財産を相続した後またすぐに、母親の財産(父親の財産を相続したもの)を相続することになります。このように相次いで相続が起きることを […]

配偶者は相続税がかからないの?(1億6,000万円か、法定相続分まである配偶者の税額軽減)

配偶者の税額軽減の基本  配偶者は相続を受けても税金がかからないと、よくいわれます。本当の意味では、これは正しくはありません。しかし、課税されることが少ないのは事実です。配偶者の税額軽減という税金が安くなる制度があるから […]

相続税を多く納める人は誰なのか?(相続税の2割加算、孫養子)

 被相続人が亡くなった際に、遠い親戚や血のつながりのない人が財産を取得することは、そう多いケースとはいえません。遺言によって財産を取得した血縁関係の薄い人が払う税金と、亡くなった人の家族が払う税金が同じでは不自然です。そ […]

贈与税の計算方法と金額(特例贈与と一般贈与、両方がある場合)

贈与税は、相続税に比べて高い税率  贈与税は、相続税に比べて高い税率です。ようするに同じ金額の財産をもらったときには、贈与税のほうが税金は高くなります。  なぜなら、もし贈与税のほうが安ければ、税金を安くするために、相続 […]

贈与税の申告はどうやるの?納税の期限は?(暦年課税の場合)

 贈与税がかかる場合には、贈与を受けた人が納税をする義務があります(相法1の4)。贈与を受けた(財産をもらった)年の翌年の2月1日から3月15日の間に、贈与を受けた人の所在地の税務署に、贈与税の申告書を提出し、納税します […]

毎年繰り返し贈与する場合、連年贈与といわれますが一度に高額の贈与税はかかるのか?

 連年贈与をすると、毎年少しずつ相続財産を減らすことができ、相続税の節約につながります。ただし、連年贈与は注意が必要です。  例えば、1年間に100万円を贈与し、20年かけて2000万円をあげるとします。1年間に贈与する […]