東京クラウド会計税理士事務所

クラウド会計対応 月額5,500円からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「相続税・贈与税・遺言書」の記事一覧

親からお金を借りて作成する金銭消費貸借契約書1通をコピーで済ます方法(印紙税節税)

 「金銭消費貸借契約書」を作成する場合、契約書に一定の収入印紙を貼付し、消印をすることになっています(印法8)。 契約書は、契約の当事者が相手方等に対して、成立した契約の内容を主張するために作られます。そのため一般的には […]

親から「あるとき払い」の借金や、借金の肩代わりをしてもらったら?

親から「あるとき払い」の借金をしたら?  親からお金を借りてマイホームを買うというように、家族などの親族間でお金を貸し借りすることは多いと思います。借金は贈与ではありませんから、通常、借金には贈与税はかかりません。親族間 […]

みなし贈与財産とは?

 贈与とは、「あげます」「はい、いただきます」という双方合意の契約です。これは民法上の贈与であり、本来の贈与といいます。  しかし、税法には、この本来の贈与の他にみなし贈与とよばれるものがあり、このみなし贈与により取得し […]

1年間にいくら貰うと贈与税がかかるの?(贈与税の基礎控除額)

 原則として、「年間110万円」を超えると贈与税がかかります(暦年課税)。  贈与税は「1年間」に「もらった人1人」に対して、110万円の基礎控除額というものがあります。これは、「1月1日から12月31日までの1年間に、 […]

低額譲渡における個人と法人の関係

 民法上、「売買」はお金と財産権との交換です(民法555)。財産権相互の交換は、「交換」となります(民法586)。 売買契約に関しては、民法上では個人間だけに限定しているわけではありません。そのため、個人と法人、または法 […]

亡くなった人も所得税を払うの?申告・納付期限は?(準確定申告)

 亡くなってしまった人でも、死亡した年に所得があれば、所得税がかかります。 働いてお金を稼ぐと、そのお金には所得税がかかります。たとえ亡くなってしまった人でも、死亡した年に所得があれば、所得税がかかります。そのため、亡く […]

相続税の申告はどうやるの?相続税の納税の期限はいつまで?

 被相続人が死亡したときの住所地を所轄する税務署に、相続税の申告書を提出し、納税します(相基通27-3)。相続税の申告と納税の期限は、相続開始を知った日(被相続人の死亡した日)の翌日から10ヶ月以内となっています。 相続 […]