東京クラウド会計税理士事務所

クラウド会計対応 月額5,500円からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「相続税・贈与税・遺言書」の記事一覧

証拠

贈与しても否認されたら元も子もないので、証拠づくりが大切です

概要  贈与をうまく使うことにより、相続税と贈与税を合わせた総額の税金を安くすることができます。しかし贈与は、双方の合意が必要です。  ですから、「あげます」「はい、いただきます」という意思があったことを、証拠として残し […]
不動産贈与

現金贈与より不動産贈与のほうが得なのか?(贈与税、登録免許税等)

不動産贈与の内容  贈与財産の価額(課税価格)が高ければ、贈与税の計算上、贈与税は高くなります。この贈与財産の価額は、相続税評価額によって計算することとなっています。  相続税評価額とは、相続税法、財産評価基本通達で定め […]

離婚による財産の分与によって自宅を妻に渡した場合の課税関係(財産分与と慰謝料)

概要  夫婦が離婚をすると一方はその相手方に財産の分与を請求することができます(民法768)。  財産分与請求権には、(1)婚姻中に夫婦が協力して蓄積、維持してきた財産の清算、(2)離婚後の生活扶助、(3)慰謝料などの性 […]
仕送りで車を買う

子どもや孫への仕送り(生活費、教育費などに使うもの)、大学等の入学金の贈与は贈与税がかかるの?

生活費または教育費に充てるための都度贈与  仕送りは、一般的には贈与税はかかりません。ただし、贈与税がかかる場合もあります。  子供が学生で一人暮らしをしていたりすると、親が毎月子供に仕送りをしているというのはよくあるこ […]

負担付贈与における贈与税と譲渡所得税のポイント

概要  負担付贈与とは、贈与に負担が付いているものです。受贈者は、財産を貰うかわりに、一定の給付を負担します。例えば、5億円の土地を贈与するかわりに借入金3億円を負担させる場合などです。  贈与者は、その負担の限度におい […]

財産の名義変更があったら?

 民法上、贈与とは当事者の一方(贈与者)が財産を無償で相手方(受贈者)に「財産をあげます」と意思を表示し、相手方が「はい、いただきます」と受諾をすることによって、その効力を生ずる契約のことをいいます(民法549)。そのた […]
収入印紙

親からお金を借りて作成する金銭消費貸借契約書1通作成でコピー等で済ます方法(印紙税節税)

概要  「金銭消費貸借契約書」を作成する場合、契約書に一定の収入印紙を貼付し、消印をすることになっています(印法8)。 記載された契約金額 印紙税額 1万円未満 非課税 1万円以上10万円以下 200円 10万円を超え5 […]

親から「あるとき払い」の借金や、借金の肩代わりをしてもらったら?

親から「あるとき払い」の借金をしたら?  マイホームを買うためや事業資金のために親からお金を借りるというように、家族などの親族間でお金を貸し借りすることは多いと思います。  借金は贈与ではありませんから、通常、借金には贈 […]

みなし贈与財産とは?

 贈与とは、「あげます」「はい、いただきます」という双方合意の契約です。これは民法上の贈与であり、本来の贈与といいます。  しかし、税法には、この本来の贈与の他にみなし贈与とよばれるものがあり、このみなし贈与により取得し […]