親から「あるとき払い」の借金をしたら?

 親からお金を借りてマイホームを買うというように、家族などの親族間でお金を貸し借りすることは多いと思います。借金は贈与ではありませんから、通常、借金には贈与税はかかりません。親族間の借金も、本当に金銭貸借であれば、贈与税はかかりません。
 しかし、借りたお金自体はちゃんと返していても、親からの借金が無利子の場合は、利子相当分は贈与とみなされます。通常お金を借りた場合、利子は払うものです。無利子では、本当のお金の貸し借りとはいえません。
 このような場合は、利子に当たる金額の得をしたと考えられます。したがって、無利子であったため得をした金額分に、贈与税がかかります。
 また、「あるとき払いの催促なし」や「出世払い」だったり、ときには「借りたお金を返さなくてもよい」という場合もあります。これも、本当の意味でのお金の貸し借りとはいえません。ですからこの場合、借入金そのものに対して、贈与税がかかってきます。
 親族間の借金では、それが本当のお金の貸し借りなのか、判断しにくいことが多いのです。そのため、はっきりと金銭貸借と判断できないと、贈与とみなされます。
 ①借りるお金は借りた人が返済可能な範囲にする、②貸付期間・利率・返済方法などについて記入した「金銭消費貸借契約書」を作成する、③利子を払う、④通帳でやり取りする
 など、ちゃんと借金を返しました、という返済の証拠を残して、金銭貸借と明らかにすることが必要です。

親に借金の肩代わりをしてもらったら?

 借金の免除や、肩代わりは、基本的にみなし贈与になり、贈与税がかかります。ただし、債務超過で資力が無く、明らかに債務の返済が不能な場合は、みなし贈与になりません。
 Aさんは友人Bさんに500万円のお金を借りました。 現在までこつこつ返済して残りの借金は200万円までになったのですが、返済が滞るようになりました。
 (1)ここで友人Bさんが「Aも大変だろうから借金はなかったことにするよ」とAさんの借金を免除したとします。この場合、友人BさんからAさんへ贈与があったとみなされ(みなし贈与)、Aさんに贈与税がかかります。
 (2)ではここで、Aさんの残りの借金200万円を、Aさんの親Cさんが肩代わりした場合どうなるでしょうか?これも同じように、親CさんからAさんへ贈与があったとみなされ(みなし贈与)、Aさんに贈与税がかかります。
 ただしこのとき、Aさんが債務超過で資力が無く、明らかに債務の返済が不能な場合は、友人Bさんが免除したお金や、親Cさんが返済したお金には贈与税がかかりません。借金をしていた人が資力を喪失して、借金を返すことが難しくなることは考えられます。こういった状況では、借金を返せそうにない部分の金額については、贈与とはみなされません。