東京クラウド会計税理士事務所

クラウド会計対応 月額5,500円からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「合同会社」の記事一覧

合同会社の解散・清算の税務上のポイント

概要  解散した合同会社の税務申告には、次の3つがあります。 ① 解散事業年度の確定申告(解散確定申告)② 清算事業年度の確定申告③ 残余財産確定事業年度の確定申告  上記のうち、「②清算事業年度の確定申告」は清算手続き […]

合同会社の解散・清算の会社法上のポイント

概算  合同会社を設立して経営していたが、会社を閉じたくなる人はいるでしょう。合同会社を閉じる場合には、大きく分けて、(1)解散と(2)清算の手続きが必要となります。  解散した会社は清算会社といわれ、会社法に定める清算 […]

合同会社における会計帳簿・計算書類(決算書)の作成・保存等の義務

会計帳簿の作成  合同会社は、適時に、正確な会計帳簿を作成する必要があり、決算締め切りの時から10年間、その会計帳簿及びその事業に関する重要な資料を保存しなければならないことになっています(会社法615)。  重要な資料 […]

合同会社における社員の損益分配の割合

概算  合同会社において、社員の損益分配の割合について定款の定めがないときは、その割合は、各社員の出資の価額に応じて定めることになっています(会法622①)。つまり、原則としては各社員の出資額の割合に応じて損益分配を行う […]

合同会社における社員の退社

 合同会社では会社の財産が流出することになる社員の退社に関しては規制があります。有限責任社員しかいない合同会社では債権者保護が必要だからです。社員の退社のケースとしては、任意退社や法定退社等があります。 任意退社のケース […]

合同会社に社員を新たに加入させる際の注意点(定款上、登記上、税務上)

概要  合同会社は、新たに社員を加入させることができます(会社法604)。ただし、以下の2つの手続きが必要です。(1)当該社員に係る定款の変更をする(2)新たに社員となろうとする者は、出資に係る払込み又は給付をする  新 […]

合同会社は各社員の資本の持分管理をする。「損益の分配」と「利益の配当」の違いは何か

社員が複数なら各社員の資本の持分管理をする  合同会社が株式会社と比べて大きく違うところは、株式会社の株主平等と違って合同会社の場合、持分という概念があり、その持分は各社員ごとに異なるということです。よって、合同会社は各 […]