①外貨建預金を払出し、他の金融機関に預入れた場合

 Q A銀行に米ドル建で預入れた定期預金1万ドルが満期になったため、満期日に全額を払出し、同日、当該1万ドルをB銀行に預入れました。この場合、B銀行に預入れた時点で当該1万ドル部分に関する為替差益を所得として認識する必要はありますか。
 ・預入時のレート … 1ドル 100円
 ・払出時のレート … 1ドル 110円
 A 本件預金の預入及び払出は、他の金融機関へ預け入れる場合であるとしても、同一の外国通貨で行われる限り、その預入・払出は所得税法施行令167条の6第2項でいう外国通貨で行われる預貯金の預入に類するものと解され、所得税法57条の3第1項の外貨建取引に該当しない、すなわち、為替差損益を認識しないとすることが相当と考えられます。

②外貨建預金を払出し、証券会社の外貨預り金として預入れた場合

 Q A銀行に米ドル建で預入れた定期預金1万ドルが満期になったため、満期日に全額を払出し、同日、当該1万ドルをC証券会社に預入れました。この場合、C証券会社に預入れた時点で当該1万ドル部分に関する為替差益を所得として認識する必要はありますか。
 ・預入時のレート … 1ドル 100円
 ・払出時のレート … 1ドル 110円
 A 為替差益・・・(110円-100円)×1万ドル=10万円を認識し、この為替差益は「雑所得」に含まれ、総合課税の対象となります。

③外貨建預金を円貨として引き出した場合

 Q A銀行に米ドル建で預入れた定期預金1万ドルが満期になったため、満期日に全額を円貨として引き出しました。この場合、為替差益を所得として認識する必要はありますか。
 ・預入時のレート … 1ドル 100円
 ・払出時のレート … 1ドル 110円
 A 為替差益・・・(110円-100円)×1万ドル=10万円を認識し、この為替差益は「雑所得」に含まれ、総合課税の対象となります。