(誤りやすい事例)
 確定申告において申告分離課税を選択した上場株式等の配当等を、更正の請求又は修正申告において総合課税に選択替えしている。

(解説)
 申告分離課税を選択して確定申告をした場合には、その後においてその者が更正の請求をし、又は修正申告をするときにおいても、申告分離課税を選択することになる(措通8の4-1)。
 なお、上場株式等の配当等を申告する場合には、その全額について、総合課税と申告分離課税のいずれかを選択することに留意する(措法8の4②)。

東京国税局課税第一部個人課税課、課税第二部消費税課の所得税消費税誤りやすい事例集(令和2年12月)より