中島クラウド会計税理士事務所

月額5,500円(税込み)からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「証券・金融商品税務」の記事一覧

複数の源泉徴収選択口座で上場株式等の利子等又は配当等を受領している場合において誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 複数の源泉徴収選択口座で上場株式等の利子等又は配当等を受領している場合において、それらを申告するときは、その全てについて申告する必要があり、一部の口座のみを選んで申告することはできないと考えている。 […]

確定申告において申告分離課税を選択した上場株式等の配当等を、修正申告をする誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 確定申告において申告分離課税を選択した上場株式等の配当等を、更正の請求又は修正申告において総合課税に選択替えしている。 (解説) 申告分離課税を選択して確定申告をした場合には、その後においてその者が更 […]

上場株式等の配当等を申告した後に、修正申告をする誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 確定申告を要しない利子所得又は配当所得を申告した後に、これらを修正申告又は更正の請求で除外している。 (解説) 確定申告を要しない利子所得又は配当所得を申告した場合には、その後の修正申告や更正の請求に […]

上場株式等の配当等について確定申告をする場合には、同一年においては、申告分離課税と総合課税を併用することができるのか?

 上場株式等の配当等について確定申告をする場合には、同一年においては、申告分離課税または総合課税いずれか一方のみの選択となります(東京地裁平成29年12月6日判決(平成28年(行ウ)第10号))。

税制適格ストックオプションについて権利行使をし、証券会社に入庫した株を他の証券会社に移管する場合

 移管の時の時価により譲渡があったものとみなされ、以下の部分が譲渡益課税の対象となります。 みなし譲渡価額[移管時の時価]ー 取得価額[権利行使価額]  その後、その株式は、移管時の時価により取得したものとみなされ、取得 […]

国外株式の配当等に関する外国税額控除の誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 特定口座(源泉徴収あり)で取り扱っている国外株式の配当等について、配当所得の申告をすることなく外国税額控除を申告することができると考えている。 (解説) 国外株式の配当等について、申告不要制度(措法8 […]