「負担すべき社会保険料」とは、「正当に負担すべき社会保険料」をいうものと解されるから、還付された年分での国民健康保険税(料)から控除して確定申告をするのではなく、過去の年分での訂正、修正します。