①扶養から外れない

 所得が48万円以下であれば扶養から外れないとされていますが、一時所得がある場合には、「一時所得の金額(特別控除額の控除後)」を2分の1にした後の金額で判定します。よって、他の一時所得とされる所得との合計額が年間146万円を超えない限り、扶養から外れません。

②給与所得者は確定申告不要 

 給与所得者の場合、給与所得及び退職所得以外の所得が20万円以下であれば確定申告を要しないとされていますが、一時所得がある場合には、「一時所得の金額(特別控除額の控除後)」を2分の1にした後の金額で確定申告を行う必要があるかどうかを判定します。よって、他の一時所得とされる所得との合計額が年間90万円を超えない限り、確定申告をする必要はありません。

一時所得の計算方法

 {(収入金額-収入を得るために支出した金額)-特別控除額(最高50万円)}×1/2