上場外国株式の配当について、すでに外国税が源泉徴収されている場合には、その徴収後の金額に対して、日本で20.315%の税率で源泉徴収されます。具体的には、所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%です。
 例えば、配当を100,000円、国外源泉徴収税額(10%の場合)を10,000円とすると、100,000円から10,000円を差し引いた90,000円の20.315%に相当する税額が、日本において源泉徴収されることになります。
 つまり、源泉所得税等(復興特別所得税含む)13.783円、源泉住民税4,500円となります。