本年中に支払ったものであれば、過去の年分のものであっても本年分の社会保険料控除の対象になります(所法74)。なお、延滞金については、社会保険料控除の対象外です。