会社の「本店」とは、営業上の主軸となる店舗のことをいい、その所在場所を「本店の所在場所(所在地)」といいます。要するに会社の住所ですが、「本店」の場所なので当然、1社につき1か所のみとなります。ただし、本店の所在場所として会社専用のビルや専用のオフィスを用意する必要はなく、例えば、代表の自宅を本店の所在場所としてもかまいません。
 会社を経営する上で、事業の業種によっては自宅兼事務所というのはあまり好ましいとはいえない場合もあるでしょう。しかし、無理をすることは禁物です。経営が軌道に乗るまでの当分の間、自宅を事務所にするというのもひとつの方法です。なお、居住用で借りている賃貸マンションやアパートであっても会社の本店として登記をすることはできます。ただし、後々トラブルにならないように、その物件の所有者である大家や、物件を管理している管理会社などには「会社の本店としてよいか」どうかを登記申請前にあらかじめ確認してください。事業用は絶対に不可の場合もあるでしょうから。