東京クラウド会計税理士事務所

クラウド会計対応 月額5,500円からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「会社の税金」の記事一覧

給与なのか、それとも外注費なのかの税務上における判定方法(給与所得or事業所得)

 支払われる対価が給与なのか外注費なのかで、消費税課税の要否、源泉所得税徴収の要否、労働保険料や社会保険料の負担の要否の判定に影響するため、給与なのか外注費なのかの判定を巡る争いが、会社と課税庁の間ではたびたび生じていま […]
デパート

百貨店などの小売業が消化仕入(代理人取引)をする場合の仕訳、法人税、消費税の取扱い

 百貨店などの小売業には消化仕入という取引形態があります。この形態の場合は、店舗にある商品の所有権・保管責任は仕入先(百貨店への出店業者)が保有しています。  そして、百貨店への出店業者が顧客へ商品販売した時に、百貨店は […]

一括取得・譲渡した土地と建物のそれぞれの取得価額が不明な場合の区分方法(所得税・法人税・消費税)

所得税・法人税・消費税に共通すること  原則として、土地及び建物を一括取得した際の売買契約書があり、土地と建物の価額が、それぞれ区分されて記載されていれば、その契約上で明らかにされたそれぞれの価額が取得価額となります。 […]

会社設立時に決算期(事業年度)を決める方法と、事業年度を変更する方法

会社設立時に決算期(事業年度)を決める方法  事業年度とは、会社の経営成績や財務状態などを明らかにする目的で、決算をするために設けた一定期間のことです。事業年度は1年以内(会計規59②、法法13①)であればよく、「毎年4 […]

消費税における簡易課税制度の事業区分

 簡易課税制度においては、事業形態により、第一種から第六種までの6つの事業に区分し、それぞれの事業の課税売上高に対し、第一種事業については90%、第二種事業については80%、第三種事業については70%、第四種事業について […]
高額

高額譲渡における個人と法人の関係

 ここでは時価よりも高い価格で売買が行われる高額譲渡について説明したいと思います。  高額譲渡における個人と法人の関係は、以下の4つの形式に分類することができます。 ①個人から個人への高額譲渡、②個人から法人への高額譲渡 […]
信

税務署職員の誤指導により誤った申告をした場合、納税者は救われるのか?

 税務署に行って職員に税務相談をし、その指導された通り申告をしたが、その申告は間違いだということで別の課税処分が行われることはままあります。また、税務調査の際の担当者の指導に従った修正申告をしても、それに反した課税処分も […]

ロータリークラブ、ライオンズクラブ、青年会議所(JC)の入会金又は会費等は経費になるのか?

 まず、ロータリークラブ及びライオンズクラブと、青年会議所に分けて考えてください。  また、ロータリークラブ及びライオンズクラブについては、法人と個人事業主では、取り扱いが違います。個人事業主の場合は、必要経費にならない […]

各種法人が受け取る利子及び配当等に課された所得税の取扱い

概要  所得税の納税義務者は、原則として個人の居住者、非居住者ですが、法人も特定の所得については、所得税の納税義務者となっています。  内国法人に対して課する課税標準は、原則として、その内国法人が国内において支払を受ける […]