利息

役員貸付金の利息

 会社は利益を追求するものであるため貸付けをした場合は利息をとる必要があります。そして、会社の役員に金銭を貸し付けた場合、その利息相当額は、次に掲げる利率によります(所基通36-49、租法93②)。

(1) 会社が他から借り入れて貸し付けたものが明らかである場合は、その借入金の利率
(2) その他の場合は、利子税特例基準割合による利率
  平成30年~令和2年中に貸付けを行ったものについては、年1.6%
  令和3年中に貸付けを行ったものについては、年1.0%
  令和4年中に貸付けを行ったものについては、年0.9%

 会社が役員に無利息又は低い利息で金銭を貸し付けた場合には、上記の利率により計算した利息の額と実際に支払う利息の額との差額が、原則として、役員に対して経済的利益の供与がなされたものとして給与として課税されることになります。
 その役員に対して定期同額給与を支給している場合には、給与として課税される利息の差額は毎月おおむね一定していると思われますので、定期同額給与として処理して差し支えないとされています。

 なお、役員に無利息又は低い利息で金銭を貸し付けた場合であっても、次の(1)から(3)までのいずれかに該当する場合には、給与として課税しなくてもよいことになっています。
(1) 災害や病気などで臨時に多額の生活資金が必要となった役員に、その資金に充てるため、合理的と認められる金額や返済期間で金銭を貸し付ける場合
(2) 会社における借入金の平均調達金利など合理的と認められる貸付利率を定め、この利率によって役員に対して金銭を貸し付ける場合
(3) (1)及び(2)以外の貸付金の場合で、上記の利率により計算した利息の額と実際に支払う利息の額との差額が1年間で5,000円以下である場合

認定利息は複利計算しないといけないのか?

 本来、会社は役員に貸し付けをしていたら利息を現預金でもらわないといけませんが、そうでない場合があります。その場合、 認定利息を計算した上で以下のような仕訳をします。

未収金 〇円  受取利息(雑収入)  〇円

 問題は、この認定利息の集積された未収金の残高に対しても、更に認定利息を計算しなくてはいけないのかということです。例えば、役員貸付金残高が100万円、認定利息の集積された未収金残高10万円の場合、100万円に対して利息計算するのか、それとも10万円プラスして計算しなくてはいけないのかということです。

 原則としては、利息計算に当つては、複利計算によるようなことはしないで、元本である役員貸付金100万円についてだけ利息を認定することとし、認定利息の集積された未収金10万円については、利息を認定しません。ただし、その利息を元本に繰り入れた場合または元本についてだけ返済があり、利息について未収のまま放置している場合等特に課税上弊害があると認められるような場合には、この限りでないとされるため、注意が必要です(「認定利息の取扱について」昭和29年9月15日・直法1―165・国協178)。

 ですから、認定利息の集積額として、未収金を積み上げたまま放置するようなことはせずに、定期的に精算するようにしましょう。

期中で役員貸付金残高が変わったら

 期中で役員に追加で貸し付けたり、又は、返済してもらって役員貸付金残高が変わる場合があるでしょう。この場合の認定利息の金額は、貸付金残高にあった利息が合理的と考えられます。

 例えば、利率1%で、1事業年度中(365日)に200万円の貸付金だった日数が165日で、100万円の貸付金だった日数が200日の場合、以下のように利息計算をします。

200万円×1.0%×(165/365)+ 100万円×1.0%×(200/365) =14,520円

役員借入金の利息

 会社は利益を追求するものであるため借入をしても利息を払わなくてよければ払わなくてもよいです。中小企業の役員が、会社にお金を貸して(会社からすれば役員借入金)、利息をもらっていないケースは多いです。この場合でも通常は、よっぽどでない限り、個人に利息認定はされない取り扱いがされています。

 会社代表者から同族会社への3,000億円を超える無利息融資に対して、同族会社の行為計算否認規定を適用し、会社代表者には利息相当分の雑所得があるものとしたパチンコ平和事件(最判平成16年7月20日・集民214号1071頁)がありますが、一般の中小企業のレベルには当てはまらない事案だと思います。

 会社が役員借入金に対して利息を支払っている場合は損金に算入できますが、その利息支払いの際に源泉徴収義務の必要はないです。また、役員がもらう利息は利子所得ではなく、雑所得(事業から生じたと認められる場合は事業所得)となります(所法23①、所基通35-1(1)、35-2(6))。

 なお、同族会社の役員などについては、その法人から給与所得のほかに、貸付金の利子をもらっている場合は、給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円以下の場合でも確定申告をしなければならないことになっています(所法121①柱書但書、所令262の2)。同族会社を用いた租税回避への対抗措置として規定されているのです。

役員が個人的に銀行から、お金を借り、それを銀行借入利息と同率で会社に貸した場合

 例えば、役員甲がZ銀行から1億円を借入し、そのうち5,000万円円を会社Aへ貸付け、その貸付利息がZ銀行のレートと同じの場合、このZ銀行に対する支払利息(5,000万円/1億円相当)は、役員甲の雑所得の必要経費として認められると考えられます。

 結果的に、役員甲の会社Aへ貸付け利息としての雑所得は0円となります。

役員借入金と相続税

 代表取締役が相応の役員給与を貰いながらも、会社が業績不振で資金不足の場合には、代表取締役が会社に対して多額の運転資金を貸し付けるということは、同族会社ではよくあります。問題は、このような債務超過会社への貸付金債権を持っている状態で、相続が発生すると、評価通達205の「その他その回収が不可能又は著しく困難であると見込まれるとき」に該当するか否かで争われることがあります。

 例えば、代表取締役が会社に対して1億円を貸し付けたまま亡くなったとします(会社側からすると1億円の役員借入金)。相続税の計算では、本来、この1億円も相続財産となってしまいますが、「その他その回収が不可能又は著しく困難であると見込まれるとき」に該当すれば、0円と評価ができるので相続税が安く済みます。

 ただし、この該当性については、過去の判決において、納税者にとっては厳しい判示が繰り返され否定されています(名古屋地裁平成16年11月25日判決・税資254号順号9834、千葉地裁平成19年10月30日判決・税資257号順号10808、東京地裁平成30年3月27日判決・平成28年(行ウ)189号、平成30年7月2日裁決・東裁(諸)平30第2号等)。

 過去の判決の判示によれば、「その他その回収が不可能又は著しく困難であると見込まれるとき」の該当性を判断するポイントは2つあり、1つ目は「評価通達205(1)ないし(3)の事由と同程度に、債務者が経済的に破綻していることが客観的に明白であり、そのため、債権の回収の見込みがないか、又は著しく困難であると確実に認められるとき」であるか否かであり、2つ目は「金融機関から継続的に新たな融資を受けていたり、金融機関に対する返済が滞っていた」であるか否かです。

 なお、実質的に、大部分が回収不能といえる貸付金債権であっても、原則として、その額面金額が相続税評価額となり、多額の相続税が課税されるという問題については、貸付金の放棄(債務免除)や、貸付金の現物出資(DES)等といった事前対策が考えられます。

 ただし、貸付金の放棄(債務免除)や、貸付金の現物出資(DES)等の相続税対策は、会社側にとっては債務免除益・債務消滅益といった課税リスクがあるため、実行する場合には慎重に検討すべきです。相続税対策で、税理士が「DES」リスクの説明義務を怠った等ということで、税理士法人に3億円超の支払いを命じた判決があります(東京地裁平成28年5月30日判決・判タ1439号、東京高裁令和元年8月21日判決・金判1583号8頁)。

 また、個人事業主が同族会社に対して有する貸付金に対して貸倒損失処理をして必要経費に算入した場合は、否認されるリスクがあります。

個人馬主事業を営む納税者が、その保有する競走馬の預託先である同族会社に対して有する貸付金に係る貸倒損失を必要経費に算入したが、算入することはできないとした東京高裁令和3年2月10日判決(納税者敗訴)(確定)

(1)事件の概要

① 個人馬主事業を営む納税者Xは、自身が保有する競走馬を自身が主宰するA社に預託して預託料を支払っていたものの、A社が赤字であったことから、A社に対し運転資金の貸付けを行った。
② Xは、A社を解散し、上記①の貸付けに係る貸付金(以下「本件貸付金」という。)が回収不能となったことから、その全額を貸倒損失(以下「本件貸倒損失」という。)として、事業所得の金額の計算上必要経費に算入して確定申告を行ったところ、Y(課税庁)は、本件貸倒損失の必要経費算入は認められないとして更正処分を行った。
③ Xは、適法な不服申立てを経て、上記更正処分の取消しを求めて本訴を提起した。

(2)判決要旨

 裁判所は、第一審(東京地裁令和2年3月18日判決・平成30年(行ウ)第37号所得税更正処分等取消請求事件)の判断を引用し、要旨次のとおり判断し、Xの控訴を棄却した。
① 所得税法51条2項にいう「その事業の遂行上生じた」とは、事業所得等の基因となる事業と何らかの関連を有する全ての場合をいうものではなく、当該事業の業種、業態からみて当該事業所得等を得るために必要なものと客観的に認められる場合をいうものと解するのが相当である。
② 個人馬主事業を営む者がその所有する競走馬等の預託先に多額の貸付けをすることは、その事業の遂行上必要なものとは一般的には解し得ない。また、Xは、A社の代表取締役として、銀行から借入れをして利息を支払うよりも、手元の資金でやりくりした方がよいと考えてA社に対する貸付けを行っていたものであり、本件貸付金は、専らXがA社の経営者の立場にあったことに基因するものと解するのが相当である。
③ Xは、A社と一体となってオーナーブリーダー事業(自ら牧場、繁殖牝馬及び種牡馬を保有し、自らの牧場で競走馬を生産・育成し、自らの馬主名義でレースに出走させて賞金を得る馬主兼生産者となる事業)を営んでおり、Xの個人馬主事業の遂行上A社が必要不可欠な存在であったことから、本件貸倒損失を必要経費に算入できる旨主張する。
 しかしながら、Xの個人馬主事業とA社のブリーダー事業との間には一定の相互依存関係があったことは認められるものの、そもそもXとA社は飽くまで別人格であり、株式会社であるA社は、独自の計算において利益を追求していたのであって、X所有の競走馬等を育成する事業のみを行っていたものではないことからすれば、XがA社と一体となってXの主張するようなオーナーブリーダー事業を営んでいたと認めることはできない。
④ 本件貸付金は、XがA社を維持するために、A社の経営者として行った貸付金とみるのが相当であり、Xの個人馬主事業に係る事業所得を得るために客観的に必要であったということはできないから、本件貸倒損失をXの事業所得の金額の計算上必要経費に算入することはできない。
⑤ なお、Xは、個人馬主事業とA社の事業とを一体のものとして経営判断を行ってきたのであるから、本件貸付金は事業の遂行上生じた債権に該当する旨主張するが、このような納税者の主観的事情によって必要経費の範囲が決定されることになれば、本来明確であるべき必要経費の範囲を不明確にし、租税負担の公平を害するから、当該主張を採用することはできない。