従業員に対する給与と違い、役員に対する給与(報酬)は日割り計算しません。よって、翌月分のからは、損金不算入となる部分(月50万円-30万円=20万円)が生じます。