移管の時の時価により譲渡があったものとみなされ、以下の部分が譲渡益課税の対象となります。
 みなし譲渡価額[移管時の時価]ー 取得価額[権利行使価額]

 その後、その株式は、移管時の時価により取得したものとみなされ、取得価額は移管時の時価となり、実際に譲渡した場合は、以下の部分が譲渡益課税の対象となります。
 譲渡価額ー 取得価額[移管時の時価]