銀行振込の場合、通常、銀行振込明細書が領収書(代金の受取人が支払者に対して、金銭を受け取ったことを証明する書類)の代わりとなりますが、領収書発行を請求された場合には、原則として、領収書を発行する義務が生じます。ただし、当初の取引(契約)の時点で、契約書等に「銀行振込明細書をもって領収書の発行に代える」といった取り決めをすれば、領収書を発行する義務がなくなります。