合同会社の社員は、利益の配当を請求することができますが、利益の配当を受けた社員が法人、個人によって取り扱いが違います。
(法人)受取配当金は益金算入されますが、受取配当等の益金不算入規定の適用を受けることができます。
(個人)配当所得にかかる収入となります。非上場会社の配当については申告分離課税の選択適用はできないので、総合課税となり配当控除の適用があります。