車両5台分の収容単位で貸室1室と換算して、事業的規模を判定しているようです。つまり、50台保管していれば、一応の目安として、事業的規模と認めて差し支えないとしているようです。