相続

相続人

 民法は、誰を相続人とするかを定めた法定相続主義を採っています。相続人は、亡くなった人(被相続人)の配偶者や血族相続人(子供、父母、兄弟)となります。ただし、配偶者は必ず相続人になれます(民法890)が、子供、父母、兄弟にはなれる順番が決まっています。

 第1順位が子供(民法887)、第2順位が父母(民法889)、第3順位が兄弟(民法889)となります。つまり、子供(代襲相続人を含みます)が相続人になった場合は、父母や兄弟は相続人にはなれず、また、子供がいなくて父母が相続人になった場合は、兄弟は相続人にはなれないということです。なお、法定相続分は、誰が相続人になるかで変わってきます。

  •  必ず相続人になれる配偶者ですが、正式な婚姻関係は必要となります(内縁関係の人は、相続人に含まれません)。ただし、婚姻期間は関係なく、たった1日でも大丈夫です。
  •  相続人になるには、配偶者以外は血がつながっていないとダメです。ただし例外として、血のつながりがなくても養子縁組の届出を出すことにより、養子は実子と同じように扱われます(詳しくは養子のページまで)。
  •  非嫡出子とは婚姻外で生まれた子どものことをいい、非嫡出子も相続人になります。なお、女親の場合は、認知の手続きを経ることなく非嫡出子として相続できますが、男親の場合は、認知を受けなければ非嫡出子として相続できません。
  •  相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます(詳しくは相続放棄のページまで)。
  •  相続人が存在しない場合には、一定の手続により特別縁故者への財産分与を経て、残余財産は国庫帰属となります。

法定相続分

 民法で決められた法定分割という考え方があり、遺産を法定分割で分けたそれぞれの相続人の取り分を法定相続分といいます。
 なお、必ず、法定相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありませんが、相続税額を求めるときや、相続人同士の話し合いで合意しない場合の法律上の目安となるので、きちんと理解しておく必要があります。
 法定相続分とはどれくらいあるのでしょうか。まず配偶者の取り分があり、その残りを他の相続人の中で均等に分けることになります。

 各相続人の取り分は次のようになります(民法900)。
①相続人が配偶者と被相続人の子供⇒配偶者2分の1、子供2分の1
②相続人が配偶者と被相続人の父母⇒配偶者3分の2、父母3分の1
③相続人が配偶者と被相続人の兄弟⇒配偶者4分の3、兄弟4分の1
 なお、子供、父母、兄弟がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。

  •  被相続人は、法定相続分に関係なく、遺言により遺贈することができます。
  •  特別受益分と寄与分は相続分に影響を与えます。
  •  子供の場合、実子・認知されている非嫡出子・養子の区別なく、相続分は均等です。
  •  代襲相続人(孫等)の相続分は、その親が受けるべきであったものと同じ割合です。 
  •  代襲相続人(甥、姪)の相続分は、その親が受けるべきであったものと同じ割合です。
  •  全血兄弟姉妹とは、父母の両方が同じ兄弟姉妹のことをいい、半血兄弟姉妹とは、父母の一方のみが同じ兄弟姉妹のことをいいます。半血兄弟姉妹も相続人となりますが、法定相続分は全血兄弟姉妹の2分の1です。