配偶者以外の相続人の優先順位は、1位が子供、2位が父母、3位が兄弟というように決まっています。ただし、相続人になるはずの人が、亡くなるなどの理由によって相続人でなくなった場合は、その相続人の子供や孫などが代わって相続人になります。このことを代襲相続といいます。

 例えば、被相続人Aが亡くなったときに、一人息子Bはすでに亡くなっていたとします。しかし、そのBの子供C(すなわち被相続人Aの孫)がいるといった場合は、そのBの子供Cが相続人となるのです。

 また、その一人息子Bの子供C(すなわち被相続人Aの孫)もすでに亡くなっている場合は、そのBの孫D(すなわち被相続人Aのひ孫)が相続人となります。

 なぜ、このように決められているのでしょうか。それは、財産は親から子へ、そして子から孫へというように、川の水が流れるように上から下へ流れていくのが自然であると考えられているからなのです。

 したがって、相続人優先順位1位の子供が、亡くなるなどの理由によって相続人でなくなった場合は、優先順位2位の親が生きていても、優先順位1位の子供の子供(すなわち被相続人の孫)が相続人になるのです。なお、3位の兄弟の場合は、代襲者がその子供(すなわち被相続人の甥・姪)に限られます。

  •  配偶者は必ず相続人になれます
  •  被相続人に子供がいる場合、父母や兄弟は相続人になれません。また、子供がいない場合でも、孫(その子供の子供)がいる場合、父母や兄弟は相続人になれません。
  •  父母がいなくても祖父母がいれば兄弟は相続人になれません。
  •  第一順位の子供の場合、「子→孫→ひ孫→・・・」のように相続人の権利が代襲されますが、第三順位の兄弟の場合、「兄弟→甥・姪」までで打ち切られてしまい、甥・姪の子供は相続人になれません。

代襲相続人の法定相続分

 代襲相続人の法定相続分は均等になります。 

孫が代襲相続人である場合

 被相続人が亡くなる前に子乙が死亡している場合には、代襲相続により孫A、Bが相続人となります。この場合の、法定相続分は以下の通りとなります。

妻:1/2
子甲:1/2×1/2=1/4
孫A:1/2×1/2×1/2=1/8
孫B:1/2×1/2×1/2=1/8

代襲相続人が養子である場合

相続分

 孫が養子になっており、かつ、その親が既に亡くなっている場合は、その孫は代襲相続人でもあります。この場合、孫は「養子」と「代襲相続人」の両方の権利を持つため、法定相続分は、「養子」としての相続分と「代襲相続人」としての相続分を合計した相続分となります。

代襲相続人が養子である場合

 被相続人が亡くなる前に子乙が死亡している場合には、代襲相続により孫A、Bが相続人となります。この場合の、法定相続分は以下の通りとなります。

妻:1/2
子甲:1/2×1/3=1/6
孫C:1/2×1/3×1/2=1/12
孫D:1/2×1/3×1/2(子乙の代襲相続人としての相続分)+1/2×1/3(被相続人の養子としての相続分)=1/4

相続税計算上の法定相続人の数

 代襲相続人であり、かつ、被相続人の養子となっている者については、相続税計算上の「法定相続人の数」において、その者は実子1人として取扱います。

養子が先に死亡している場合の代襲相続

 養子の子が(被相続人との)養子縁組前に生まれている場合(養子の連れ子)は、直系卑属ではないので代襲相続人にはなれません。これに対し、養子縁組後に生まれた子は直系卑属となるので代襲相続人となります。