中島クラウド会計税理士事務所

月額5,500円(税込み)からの顧問料 東京都豊島区池袋の格安顧問料の税理士です

「誤りやすい事例」の記事一覧

確定申告において申告分離課税を選択した上場株式等の配当等を、修正申告をする誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 確定申告において申告分離課税を選択した上場株式等の配当等を、更正の請求又は修正申告において総合課税に選択替えしている。 (解説) 申告分離課税を選択して確定申告をした場合には、その後においてその者が更 […]

上場株式等の配当等を申告した後に、修正申告をする誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 確定申告を要しない利子所得又は配当所得を申告した後に、これらを修正申告又は更正の請求で除外している。 (解説) 確定申告を要しない利子所得又は配当所得を申告した場合には、その後の修正申告や更正の請求に […]

遺族年金の誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 遺族年金を公的年金等に係る雑所得として申告している。 (解説) 遺族年金で死亡した人の勤務に基づいて支給されるもの及び各社会保障制度に基づき支給されるものは非課税である(所法9①三ロ、所基通9-2、国 […]

青色申告承認申請の誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 従前から不動産貸付業を営んでいる白色申告者が、本年7月に事業所得を生ずべき事業を開始したので、その事業を開始した日から2か月以内に青色申告承認申請書を提出した場合、本年分から青色申告が認められると考え […]

民泊の誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 自己が居住する住宅を利用して住宅宿泊事業(いわゆる「民泊」)を行う場合の所得を不動産所得として申告している。 (解説) 自己が居住する住宅を利用して住宅宿泊事業(いわゆる「民泊」)を行う場合の所得は、 […]

詐欺による損害の誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 詐欺による損害を、雑損控除の対象としている。 (解説) 雑損控除の対象となるのは、災害、盗難、横領に限られ、詐欺による損害は対象外とされる。 東京国税局課税第一部個人課税課、課税第二部消費税課の所得税 […]

国外株式の配当等に関する外国税額控除の誤りやすい事例

(誤りやすい事例) 特定口座(源泉徴収あり)で取り扱っている国外株式の配当等について、配当所得の申告をすることなく外国税額控除を申告することができると考えている。 (解説) 国外株式の配当等について、申告不要制度(措法8 […]