(誤りやすい事例)
 還付申告書を提出できる期間は、申告年分の翌年の2月16日から5年間と考えている。

(解説)
 還付申告書は、その提出をすることができる日から5年間に限って提出することができる(通法74)。
 したがって、還付申告書を提出することができる期間は、申告義務の有無にかかわらず、翌年の1月1日から5年間となる(所法120⑥)。
 ただし、年の途中で死亡した者のその年分の還付申告書については、死亡日の翌日から5年間となる(所法125)。

東京国税局課税第一部個人課税課、課税第二部消費税課の所得税消費税誤りやすい事例集(令和2年12月)より