夫が配偶者控除を利用するには妻による所得を48万円以下にする必要があります。
 一方、妻本人は所得税の基礎控除48万円、住民税の非課税枠45万円以下に所得を抑えれば、原則、申告必要ありません。ただし、お住いの自治体や妻本人の状況によっては非課税枠内であっても住民税の申告を求められる場合があります。