節税>>相続税・贈与税の節税

タワーマンションを購入する

 タワーマンションを購入しての相続税の節税方法があります。基本は、相続財産を現金・預金から不動産に変えることによって相続税評価額を低くすることです。
 しかしながら、通常の不動産を購入するよりも、タワーマンションの高階層を購入した方が節税効果が高いのが現実です。売買価格が1億円の通常の不動産を購入した場合、相続税評価額は7〜8000万円ぐらいとなりますが、タワーマンションの最上階だと3000万円ぐらいのことがあります。
 同一のタワーマンションで面積が同じであっても、低階層よりも高階層の方が売買価格は高くなります。しかし、相続税評価額の計算においては、同一のタワーマンションで面積が同じであれば、同一の金額となります。
 例えば、タワーマンションの最上階の売買価格が1億円だとし、低階層の売買価格が5000万円だとします。どちらも面積が同じで、相続税評価額が3000万円だとしたら、当然、最上階の方を購入した方が節税になるということです。