節税>>相続税・贈与税の節税

祖父から孫に贈与

 生前贈与をすれば、結果的に相続財産を減らせるわけですから相続税の節税となります。なお、生前贈与で一番多いケースは、親から子供でしょう。ただし、親から子供だけでなく、祖父から孫への贈与も検討されたらどうでしょうか。
 贈与税の110万円の基礎控除額は、「1年間」に「もらった人1人」に対してです。ですから、子供と孫の両方に贈与した場合、結果的に1年あたり220万円までの贈与が無税となります。子供2人と孫2人に贈与した場合、結果的に1年あたり440万円までの贈与が無税となります。
 なお、相続により財産を取得した人が、亡くなる日(相続開始日)前3年以内に被相続人から贈与してもらった財産については相続税がかかります。そのため、子供が親から贈与してもらっていても、その3年分の贈与については、相続税の節税にはならないということになります。ただし、相続人とならない孫は、このような制限はありません。つまり、亡くなる日前3年以内に祖父から贈与してもらった財産については相続税がかかりません。これは、相続人とならない子供の嫁への贈与にも同じことがいえます。
 また、祖父から孫へ贈与をした場合、相続を1回飛ばすことになるため、祖父から子供への相続税を減らすだけでなく、結果的に、子供から孫への相続税を減らすことになります。また、祖父から孫へ遺贈をした場合、相続税の20%加算になりますが、生前贈与による贈与税では20%加算になりません。
 ただし、注意点は、祖父から孫へ贈与した場合、孫の方が贈与をされたと認識する必要があります。例えば、単なる「名義預金」のようでは、当然、贈与と認められません。なお、孫が幼児である場合、法定代理人である親が孫にかわって代理をします。例えば、幼児が贈与の事実を認識できるまでは、親が預金などの管理をします。また、贈与税の申告も、親が幼児の名前で申告します。このような場合であれば、幼児の孫に対する贈与は成立すると考えられます。