節税>>相続税・贈与税の節税

死亡保険金はどう入るべきか

 自分が亡くなった後、家族が困らないように、死亡保障型の生命保険に加入なさっている方もいると思います。では、どのような生命保険に入ると良いでしょうか。節税となるのでしょうか。
 死亡保険金を受け取ると、所得税・相続税・贈与税のいずれかが、かかります。一般的に、この3つの税金の中では、贈与税が最も重い税金となります。
 保険料負担者(夫)と保険金受取人(妻や子供)が違う場合、死亡保険金は、相続財産に含まれます。ただ、死亡保険金のうち、500万円×「法定相続人の数」までは非課税となります。また、受け取った死亡保険金が非課税金額を超えても、他の相続財産と合わせて、基礎控除額(5000万円+1000万円×「法定相続人の数」)を超えなければ、相続税はかかりません。ですから、保険料負担者を夫、保険金受取人を妻や子供として、生命保険へ加入することをおすすめします。
 ただし、お金持ちの方は相続財産をこれ以上増やさない方がよいので、保険料負担者と保険金受取人を同一人物(妻や子供)にすることをおすすめします。なぜなら、そのような場合は、死亡保険金は受取人の一時所得となるため、相続財産に含まれないのです。一時所得には所得税がかかります。しかし、受け取った死亡保険金から保険料負担額を引き、さらにそこから50万円を引いた額の半分の金額にしか税金はかかりません。よって税金は、そう大きな負担とはなりません。
 しかし、妻が専業主婦であったり、子供が学生であったりした場合には、保険料を自分で払うことができないでしょう。そのような場合は、毎年、夫から妻や子供にお金を生前贈与し、妻や子供が自分で保険料を支払うようにすれば良いのです。当たり前の話ですが、夫の所得税の計算において、生命保険料控除としてはいけません。