節税>>サラリーマンができる節税

生命保険料を支払った場合

 生命保険料、介護医療保険料及び個人年金保険料を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。つまり、所得税が安くなり節税となります。これを生命保険料控除といいます。
 対象となる生命保険料は、保険金などの受取人のすべてを自分又は自分の配偶者、その他の親族とする生命保険契約等の保険料や掛金です。
 
 生命保険料控除額の計算方法は、平成24年1月1日を境にして取り扱いが以下のように違います。
(1)平成24年1月1日以後に締結した保険契約(新契約)等に係る保険料
 生命保険料控除額は、生命保険料、介護医療保険料及び個人年金保険料についてそれぞれ次の表の計算式に当てはめて計算します。この方法で計算した金額の合計額が生命保険料控除額です。
年間の支払保険料の合計 控除額
2万円以下 支払金額
2万円を超え4万円以下 支払金額÷2+1万円
4万円を超え8万円以下 支払金額÷4+2万円
8万円超 4万円
 
(2)平成23年12月31日以前に締結した保険契約(旧契約)等に係る保険料
 生命保険料控除額は、生命保険料及び個人年金保険料についてそれぞれ次の表の計算式に当てはめて計算します。この方法で計算した金額の合計額が生命保険料控除額です。
年間の支払保険料の合計 控除額
2万5千円以下 支払金額
2万5千円を超え5万円以下 支払金額÷2+1万2,500円
5万円を超え10万円以下 支払金額÷4+2万5,000 円
10万円超 5万円