節税>>サラリーマンができる節税

サラリーマンができる節税の基本

 サラリーマンができる節税の基本は、所得控除と税額控除を活用することです。
 所得控除とは、所得金額から差し引かれる金額のことです。所得控除には、雑損控除医療費控除社会保険料控除小規模企業共済等掛金控除生命保険料控除地震保険料控除寄附金控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除(この控除は女性の場合と男性の場合とで要件に差があります)、勤労学生控除、配偶者控除配偶者特別控除扶養控除、基礎控除があります。
 税額控除とは、税金から差し引かれる金額のことです。税額控除の主なものには、配当控除、外国税額控除、政党等寄附金特別控除、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除、住宅耐震改修特別控除、住宅特定改修特別税額控除、認定長期優良住宅新築等特別税額控除、電子証明書等特別控除があります。