節税>>サラリーマンができる節税

副業の黒字が20万円以下なら確定申告の必要はない

 一か所の会社に勤め給与の年間収入金額が2,000万円以下で源泉徴収、年末調整がされているような一般的なサラリーマンでしたら、給与以外の所得の金額の合計額が20万円以下であれば原則として確定申告の必要はありません。なお、20万円というのは収入ではなく所得です。
 つまり、副業の黒字が20万円以下なら(所得税の)確定申告の必要はないということで、所得税の節税になるということです。ただし、個人住民税の申告はする必要があります。