節税>>マイホーム・不動産の節税

耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)

 住宅耐震改修をした場合の住宅耐震改修特別控除とは、居住者が、平成25年12月31日までの間に、地方公共団体が作成した一定の計画の区域内において、自分の居住用に供する家屋(昭和56年5月31日以前に建築されたものに限ります。)について住宅耐震改修をした場合には、一定の金額をその年分の所得税額から控除するものです。つまり、所得税が安くなり節税となります。
 なお、この特別控除と住宅借入金等特別控除の、いずれの適用要件も満たしている場合には、この特別控除と住宅借入金等特別控除の両方について適用を受けることができます。
 住宅耐震改修特別控除の控除額は、次に掲げる計算方法により算出します。
次のいずれか少ない金額の10%(最高20万円)
イ 住宅耐震改修に要した費用の額
ロ 住宅耐震改修に係る耐震工事の標準的な費用の額
 住宅耐震改修を行った場合で、住宅耐震改修特別控除の適用を受けることができるのは、次のすべての要件を満たすときです。
(1) 住宅耐震改修のための一定の事業を定めた計画の区域内の家屋であること。
(2) 自分の居住用に供する家屋であること。
(3) 昭和56年5月31日以前の耐震基準により建築された家屋で、現行の耐震基準に適合していないものであること。
(4) 現行の耐震基準に適合させるための耐震改修であること。