節税>>節税する前に絶対知っておくべきこと

知り合いが出来た節税を真似する

 職業柄(税理士)、節税に関してよく相談を受けます。その中で「知り合いがこういう節税をしてトクをしたから私もしたい」というものがあります。これが実は非常に、くせものです。ありきたりの節税だけど、相談にこられた方が単に知らないだけだったという場合は問題ありません。「やったらいいじゃないですか」で、相談が終わります。しかし、そうではない場合が問題です。つまり、「知り合いがこういう節税をしてトクをした」というのが、本当は「知り合いが脱税租税回避をしてトクをした」の場合です。こういうのは勧められません。相談に来られた方も脱税や租税回避の意思はなく、単に節税をしたいだけです。また、その知り合いという人も、脱税や租税回避の意思がなく節税だと思ってやっている場合もあります。けれど、プロからすると、それは節税ではなく脱税や租税回避なんだよということが多いのです。
 税務署に何も言われなかったや、税務調査で問題にならなかったと、反論する人もいます。ただ、それは単にラッキーだったということです。税務署も忙しいところなので、脱税や租税回避を100%みつけることはできません。これは怠けているわけではなく、とても忙しいからです。犯罪を100%警察がみつけることができないことと似ています。単に税務署に見つからなかっただけの脱税や租税回避を、「知り合いがこういう節税をしてトクをしたから私もしたい」というのは危険ですので、お勧めできません。あなたの番では、みつかる可能性があるのですから。