節税>>節税する前に絶対知っておくべきこと

節税が第一ではない

 何の職業についていても、節税は知っておくべきです。生きるための知恵です。節税を知っているのか知らないかでは、人生において大きな差がつきます。しかし、節税が第一ではありません。ここを間違ってはいけません。
 例えば、個人事業主や会社経営者は節税に興味があるでしょう。もちろん、節税のことは、当然に知っておかないといけません。ただし、節税が第一ではありません。第一は、お金を事業や会社にためることでしょう。そして、長く事業を継続することです。節税ばっかりして、内部留保がなければ、本当に事業が厳しくなったときに継続することができなくなります。内部留保もないような個人事業主や会社経営者に、銀行はお金は貸しません。節税が第一ではなく、第一は、お金を事業や会社にためることです。
 また、個人の方の場合も、節税が第一ではないはずです。
 例えば、昔、養子をたくさんつくり相続税を減らす方がいました(現在の法律ではダメ)。確かに、相続税は減りましたが、残された家族の方はどう思っているでしょうか。また、相続税対策のために、銀行から借金をしてビルを建て、貸しビルをされた方もいます。しかし、テナントも埋まらずに、銀行への借金返済に困ってしまっている人は多いです。
 節税は生きるための知恵です。しかし、節税が第一ではありません。第一は、他にあるはずです。ここを間違ってはいけません。