節税>>個人事業主・会社経営者ができる節税

棚卸資産の取得価額

 購入した棚卸資産の取得価額は、次のようなものから構成されます。
 
 取得価額=購入の代価+販売の用に供するために直接要した費用
 
 販売の用に供するために直接要した費用で、次に掲げる費用については、これらの費用の額の合計額が少額(当該棚卸資産の購入の代価のおおむね3%以内の金額)である場合には、取得価額に算入しないことができます。つまり、費用とできるので節税となります。
(1)買入事務、検収、整理、選別、手入れ等に要した費用の額
(2)販売所等から販売所等へ移管するために要した運賃、荷造費等の費用の額
(3)特別の時期に販売するなどのため、長期にわたって保管するために要した費用の額
 
 また、次に掲げるような費用の額は、たとえ棚卸資産の取得に関連して支出するものであっても、その取得価額に算入しないことができます。
(1) 不動産取得税の額
(2) 地価税の額
(3) 固定資産税及び都市計画税の額
(4) 特別土地保有税の額
(5) 登録免許税その他登記又は登録のために要する費用の額
(6) 借入金の利子の額