節税>>個人事業主・会社経営者ができる節税

資本的支出とならないように修繕する

 固定資産を使用している途中で、その固定資産の破損や腐蝕に対して修理を加えたり、又は改良等を行う場合があります。
 これが固定資産の維持管理や原状回復のために要したと認められるような単なる修繕であれば、その費用は全額が「修繕費」として支出時に経費となります。
 ただし、使用可能期間が延びるような改良等に要した費用は、「資本的支出」として一時の経費には認められず、新たな固定資産の取得価額として又は既存の固定資産の取得価額に加算しなければならないのです。つまり、支出時に、全額が経費となるというわけではなく、支出後の数期間で減価償却により経費となるということです。
 そのため、資本的支出とならないように修繕して、修繕費とすることが節税となります。
 1つの修理や改良などの金額が20万円未満の場合又はおおむね3年以内の期間を周期として行われる修理、改良などである場合は、その支出した金額を修繕費とすることができます。
 次に、1つの修理、改良などの金額のうちに、修繕費であるか資本的支出であるかが明らかでない金額がある場合には、次の基準によりその区分を行うことができます。
(1) その支出した金額が60万円未満のとき又はその支出した金額がその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額のおおむね10%相当額以下であるときは修繕費とすることができます。
(2) 継続してその支出した金額の30%相当額とその固定資産の前事業年度終了の時における取得価額の10%相当額とのいずれか少ない金額を修繕費とし、残額を資本的支出としているときは、その処理が認められます。