節税>>個人事業主・会社経営者ができる節税

小規模企業共済に加入する

 小規模企業共済とは、小規模企業の個人事業主が事業を廃止した場合や、会社等の役員が役員を退職した場合などに、それまで積み立ててきた掛金に応じた共済金を受け取ることができる制度です。いわば退職金共済のようなものです。
 掛金月額は、1,000円から7万円までの範囲(500円刻み)で自由に選ぶことができます。掛金は税法上、全額が「小規模企業共済等掛金控除」として課税所得から控除されます。つまり、所得税の節税となり、最大で年間840,000円が控除されるということになります。また、商売が苦しい場合は、掛金を年間12,000円まで下げることができます。
 なお、加入できるのは、常時使用する従業員数が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の規模であるという要件があります。しかし、常時使用する従業員の数は、あくまでも加入時における人数要件であって、加入後に従業員の数が増加して要件に該当しなくなっても、引き続き加入することができます。ですから、開業したら、すぐに入った方が良いと思います。月額1,000円から、始めることができるのですから。